フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2013年までのブログ

2014年山行リスト

山域別山行記録

無料ブログはココログ

登山

2015年1月 6日 (火)

雲取山

  雲取山へ行って来ました。

  0181

   今回は奥多摩駅近くの駐車場に車を置いてバスで鴨沢へ、登り尾根を登って赤指尾根を下って来ました。

 

   鴨沢(7:05)~雲取山(10:15~11:10)~峰谷橋(14:35)

 

  奥多摩駅近くの町営駐車場(冬季は無料)に車を置いてバスで鴨沢へ、7時過ぎに歩き始めました。 鴨沢の気温はー2度、予想外に寒くないです。

  登山道は凍っているもののひたすら土、雪が出て来たのは七ツ石小屋への分岐を過ぎてからでした。

  0031

   冬型が緩んでいるためか冬晴れのクッキリした富士山ではなく、春のような霞んだ富士山でした。

 

  日当たりの良い石尾根に出てからも登山道の雪はほんの一部でほとんどは土、雪の登山道になったのは小雲取山を過ぎてからでした。

  0071

  0111

 

    10:15に雲取山に到着

  0121

   小屋に泊まっていた人は下山した後のようで山頂は2人だけで静かな山頂でした。良かった~。

  0141

   南ア・北岳、仙丈、甲斐駒

  0171

   南アも富士山と同じように霞んでいます。より南の赤石岳などはもっと霞んでいました。

  0181_2

  0211

  0221

  小屋の前のベンチでラーメンとコーヒーでのんびり休憩

  0251

 

    1時間ほど休憩して下山、

  0311

   奥多摩小屋付近は全く雪ないです。

  帰りは七ツ石山経由で赤指尾根を下りバスで奥多摩駅へ、もえぎの湯に入って帰りました。

  

 

  冬型が緩んでいたことや鴨沢が予想外に暖かったので、もしかすると思ったけど、冬晴れのクッキリした富士山や南アは見えませんでした、残念 down。 coldsweats02

  ただ大賑わいかなと思っていた山頂は人が少なく静かで良かったですhappy01

 

 

 予想以上に雪は少なくチョット拍子抜け、もう少し雪があると思っていたんですけどね~。 

 6日の天気の崩れも小さくあまり降りそうになく、週間予報もその後ずっと晴れマーク、南関東の山が本格的に積もるのは来週ですかね?

 

 

 

 

2015年1月 2日 (金)

謹賀新年・・・・2015年初登りは陣馬山へ

  新年おめでとうございます。

 2015年元旦初登りは富士山が見れる山、陣馬山に行ったのですが・・・。

 0041

   予想していた通り雲がかかっていて、残念ながらきれいな富士山は見れませんでした。

 0021

  初めは丹沢の檜洞丸に行く予定だったのですが、元旦は強烈な冬型で富士山に雲ができている可能性が高く、きれいに見えるとしたら朝早めと思い楽に早く登れる陣馬山に変更しました。

  JR藤野駅前の駐車場に集合し7時前に出発、9時前に山頂に着いたのですが、すでに雲がかかっていました。 weep

  0051

  0061

  筑波山

  0091

  Cid_30c83589d9ac49b69810888ece34f0a

  Cid_2019b9d1bd074f2d8686b511b131183

  

   のんびり景色を眺めた後明王峠へ、峠でゆっくり昼飯を食べて藤野駅に戻りました。

   

 

  2015年元旦初登りは富士山を見に行ったのですが、残念ながら雲がかかっていてきれいな富士山は見れませんでした。

  ただ明王峠に着くころはすっかり雲に覆われ、下山する時には上空も雲に覆われ雪が舞い始めました。それを考えれば山頂であれだけ見れれば十分、陣馬山に変更したのは正解でした。

 

  2015年も安全に楽しくバリバリ登って行きますよ~。

 

 

 

 

2014年12月24日 (水)

三ツ峠~清八山~本社ヶ丸

  三ツ峠から清八山~本社ヶ丸へ行って来ました。

  0051

 

   まだ登ったことがない北口登山道から三ツ峠~清八山~本社ヶ丸へとぐるっと周回して来ました。

   宝鉱山(6:55)~北口登山道~三ツ峠(9:10~9:40)~清八山(10:45~11:10)~本社ヶ丸(11:25~11:40)~宝鉱山(12:50)

  

   宝鉱山(バス停)横の駐車場に車を置いて7時前にスタート、しばらく林道を歩いて登山道に入ります。

  0021

   登山道は沢沿いを登って行きますが、滝がけっこう凍っています。

 登山道が北面の沢筋で日が当たらないので、出だしの初滝付近から登山道は雪、しかもバリバリに凍っています。登りは慎重に歩けば登って行けますが、下りはアイゼンがないと下れそうにありません。

 

 三ツ峠山頂に9:10に到着

  0151

   「雲一つない快晴の冬晴れ!」

   空気もクリアで先日の蛭ヶ岳と同じようなすごい展望、ただ蛭ヶ岳はほぼ無風だったけど今日は強風で寒い!

 0101

 

 0051_2

  三ツ峠から見る富士山は一番均整が取れていてカッコ良いと思ってます。 しかも冬だと道路や登山道に立ち並ぶ小屋も雪で埋まってしまいはっきり見えないのでなおさら良い!

  南ア全景

  0071

   甲斐駒・仙丈・白峰三山

  0171

   悪沢岳・赤石岳・聖岳

  0091

   八ヶ岳・金峰山

  0131

  冬型が強いので北八ヶ岳方面は雪雲が掛かっています。今日の八ヶ岳は強風で寒いでしょうね~。

  八ヶ岳の左奥に薄っすらと雲がかかった北アも少し見えています。今日は冬型が緩んで来ているので午後になれば北アも見えて来るかもしれませんね? 

  他に東側には都心のビル群とスカイツリーも見えていました。

 

  山頂はすでに何人かの登山者が来て賑やかだろうと思っていたけど1人しかいませんでした。

  寒さに耐えながら30分ほど景色を眺めて出発、登山道は清八山山頂直下まですべて樹林帯の中で風もあたらないので寒くなく、三ツ峠までの登山道と違って少し標高を下がると雪もなくなり快適です。

 

    10:45清八山に到着

  0181

   山頂から10mほどの場所に風のあたらない場所があったので、ここでお湯を沸かして昼食を取ることに

  0191

  0211

 

    11:25本社ヶ丸に到着

  0411

   富士山と三ツ峠

  0291

  0301

  0341

  0351

  0401

   甲斐駒ズ~ム、やっぱり甲斐駒はカッコいい!

 

 

    本社ヶ丸からは広葉樹林の中を下ります。

  0451


   稜線から離れて麓まではあまり歩く人が多くないのか、登山道が落ち葉に覆われて不明瞭な部分もある樹林帯の中を下って行き、最後は林道を歩いて駐車場に戻りました。

   

 

  冬型の気圧配置で期待していた通り冬晴れの快晴の青空、空気もクリアで展望もグッド!good happy01 ただ西風が強く三ツ峠の山頂は寒かった~!

  登山道に残る雪は先日の蛭ヶ岳と同じようにバリバリに凍ってました。特に今回登った北口登山道は日の当たらない北面の沢筋と言うこともあって、かなり下から雪があって、下りならアイゼンがなければ下れない感じでした。

 

 

  

 

2014年12月20日 (土)

丹沢・蛭ヶ岳

 丹沢・蛭ヶ岳に行って来ました。

  0321


   先月「丹沢周回」をした時、朝は晴れていて富士山 fuji は朝は見えていたけど、昼前には曇ってしまい蛭ヶ岳では見えませんでした。今回はそのリベンジ、やっぱり丹沢から見る富士山は蛭ヶ岳がピカ一です。

  

   靑根登山口(6:35)~姫次(8:30~8:50)~蛭ヶ岳(9:50~11:00)~姫次(12:00~12:10)~靑根登山口(13:25)

  

   青根の登山口を6時半に出発、気温は何とー7℃、寒い!

   0631

  0011

   1,200mより上の登山道は雪、しかもバリバリに凍っています。

  ただ踏み固められたり、融けて再び凍ったりしてないので意外と滑らずスタスタ歩けます。

 

    8時半に姫次に到着

  0121

   姫次では真っ白な富士山がお出迎え!

  0151

  蛭ヶ岳

  0161

   少し休んで蛭ヶ岳へ

 

   9:50蛭ヶ岳山頂に到着

  0441

   山頂は快晴!、風もほぼ無風に近い感じで、気温は低いけどアウターを着なくても十分です。

 

   「空気はクリアで遠くまではっきり見え展望がすごい!」

  目の前にはド~ンと富士山、南ア全景・八ヶ岳・奥秩父~奥多摩、スカイツリーなど都心のビル群、筑波山、日光方面、伊豆大島など伊豆諸島、伊豆半島など360度きれいに見えています。

  0251

  南ア全景、手前左は御正体山

  0231

   甲斐駒・仙丈・白峰三山

  0261

  八ヶ岳。右端の奥は穂高

  0241

   日光男体山・女峰山など日光方面

  0291

   東京都心部とスカイツリー

  0301

   伊豆半島・伊豆大島と相模湾

  0391

  0331

   山頂でお湯を沸かしてラーメンとコーヒーでゆっくり休憩です。

  0321

  0351

  1時間ほど休憩して戻ります。

 

   姫次で再び少し休憩して

  0581

   日当たりの良い土の部分でほんの少し融けてぬかるんだ場所があったものの、雪の部分はほとんど融けてなく下りも快適に下って1時半に登山口に戻りました。

  帰りに「藤野やまなみ温泉」に入ってまだ明るいうちに帰りました。

  

 

 前日・前々日と続いた数年に1度あるかないかの強力な冬型が緩んだ翌日、期待していた通りすごい展望でした。

 やっぱり蛭ヶ岳山頂からの展望はグッド!、富士山の展望は丹沢ピカ一です。

 

 平日と言うこともあって1時間山頂にいて他の登山者は1人だけ、広い山頂を独り占め状態でした。

  小屋の人と話すと昨日一昨日は晴れていたけど爆風だったそうです。正月明けにまた丹沢に来るつもりです。

 

 

  






 

 

 

 

 

2014年12月 8日 (月)

雪頭ヶ岳~節刀ヶ岳~毛無山

 富士五湖・西湖の北側にある雪頭ヶ岳から節刀ヶ岳~毛無山へ行って来ました。

  0411

 

 西湖西岸駐車場(6:25)~雪頭ヶ岳(7:45~8:00)~節刀ヶ岳(8:35~8:50)~十二ヶ岳(9:30~9:45)~毛無山(10:15~11:10)~西湖駐車場(12:35)

  

  西湖西岸の駐車場を6:25に出発、

 今日冬型の気圧配置はそれほど強くないけど、今冬一番の寒気が来ているので寒い!、駐車場の気温はー6℃でした。

 

  しばらく林道を歩いて登山道へ、登山道に入るとすぐあちこちにシモバシラの「氷の華」が

  0051

   「氷の華」は登山口から中腹まであちこちにあって、これだけたくさんの氷の華の群落?は始めて見ました、「すごい!」

  0041

 

    雪頭ヶ岳まではひたすら急登が続き、7:45に山頂に到着

  0121

    山頂付近には少し雲ができています。これ以上雲が発達しなければ良いんですが…。

  0171

   毛無山

  0101

  予想通り南アは雪雲の中、今日ぐらいの冬型の気圧配置ならいつもは南アはきれいに見えるけど、強い寒気の影響で南アも雲の中です。

  

    少し休んで鬼ヶ岳へ

  0191

   八ヶ岳や奥秩父も雲の中です。

  0201

   三つ峠・十二ヶ岳方面

  0221

 

    節刀ヶ岳へ

  0251

  0261

    少し休憩後金山まで戻って十二ヶ岳へ向かいます。

 

   十二ヶ岳山頂

  0291

  0371

   十二ヶ岳と十一ヶ岳の間のクサリ場にはしっかり雪が付いていて滑りやすくなっていました。ここを慎重に通過して毛無山に向かいました。

 

   毛無山に10:15に到着

  0441

  0451

  0411_2

   ここでゆっくり昼飯休憩、1時間近くのんびりして西湖の東岸へ下山、道路を4キロほど歩いて12:30に駐車場に戻りました。

  西湖畔にある「いずみの湯」に入り夕方には家に帰りました。

  

 

  富士山はきれいに見えていたけど、強い寒気の影響で予想通り南アや奥秩父・八ヶ岳は雲の中でした。 

  ただ富士山はここ一週間あまり雪が降っていないようで、先週雲取山から見た時より雪が少なかったみたいです。

 

  雪頭ヶ岳への登山道沿いのシモバシラの「雪の華」はすごい数でした。出だしから中腹まであちこちにあってこれほどたくさん見たのは初めてでした。週中までは気温の低く晴れが続くので見れそうです。

 

 

 

 

 

 

2014年12月 2日 (火)

雲取山

  雲取山に行って来ました。

  0091

   

  10月に続き雲取山へ、ただ今回の一番の目的は飛龍山まで行ってこの時期落ち葉で覆われているはずのミサカ尾根から天平尾根を歩くことだったのですが・・・。

  鴨沢・小袖乗越(6:20)~雲取山(8:50~9:20)~北天のタル~三条の湯(11:35~12:10)~小袖乗越(14:25)

 

  

  小袖乗越の登山者用駐車場を6:20に出発
  
(いつも登り尾根を登るときに車を停める鴨沢のバス停横の駐車スペースは登山者は利用しないでくださいとのことでした。)

  

    前夜まで雨が降っていたので多少ぬかるんでいる場所があったものの順調に登って石尾根へ

  0071

   飛龍山と南ア・白峰三山

  0021

   白峰三山

  0031

   南アルプスは先週よりさらに白くなっています。

  南ア全景

  0041

  0091_2

    山頂避難小屋

  0111

 

   8:50雲取山山頂に到着

  0171

   「山頂は快晴!、風も弱く寒くありません。」

  東側の東京など関東平野は一面雲に覆われ雲海になっていますが、南~西~北側はきれいに晴れていて、富士山や南ア・木々の間から浅間山も見えています。

  0131

  0161  

    甲斐駒・仙丈・北岳・間ノ岳

  0151

 

     避難小屋前のベンチでお湯を沸かしてコーヒー休憩をとり、40分ほど休憩して出発、ところが三条ダルミに着いてみると・・・

  「あれ?」

  ほんの10分ほど前の山頂ではきれいに見えていた富士山や南アはすっかり雲に覆われ見えなくなっていました。 weep  さらに上空は見る見る雲に覆われ曇天に、そしてとうとう稜線も雲の中になってしまいました。crying

 

  雲の中を歩きながらテンションはどんどん下がり 「止めた!、下りよう」 となり 「北天のタル」から「三条の湯」に下ることに

  

   北天のタル

  0261

 

   三条の湯に11:35に到着、カップ麺とコーヒーで昼飯を食べてから林道を下って青梅街道へ、急な林道を登って小袖乗越の駐車場に14:25に戻りました。

 

  小袖乗越への林道沿いの紅葉したカエデ

  0301

   「良いね~,これ!」 とけっこう気に入った林道にあった丹波山村のマンホール

  0321

  混雑で入場制限があって15分ほど待ったものの「もえぎの湯」に入って帰りました。

  

 

  飛龍山から南へ下るミカサ尾根~天平尾根(2つとも1本の尾根筋だけど上部をミカサ尾根、サオラ峠から下を天平尾根って言うみたいです??)は、ブナなどの広葉樹が多く、あまり登山者も多くないので、晩秋に行くと登山道がわからなくなるぐらい落ち葉が降り積もっていて気持ち良いコースなんですけどね~、残念。 

 

 

 

 

2014年11月25日 (火)

山梨県・滝子山

 山梨県の滝子山に行って来ました。

  0101

   

   夕方用事があるので昼前には下山するつもりで山梨県の笹子トンネル手前にある滝子山に行って来ました。

  

  桜森林公園(6:25)~寂ショウ尾根~滝子山(8:15~8:40)~浜立山~桜森林公園(10:05)

  

  桜森林公園を6:15に出発、林道を10分ほど歩いて登山道に入ります。

  0011

   紅葉はほぼ終わっていますが、朝日に照らされてきれいです。

 0041

 

  0061

   上部になると樹林帯の中の岩場の露出する急登が山頂直下まで続きます。

  

   8:15滝子山山頂に到着

  0071

   中央は小金沢連山の黒岳、左は雁ヶ腹摺山

 

   「雲一つない快晴の青空、風もほとんどありません。 山頂にはまだ誰も来てなく山頂独り占め、景色を眺めながら少し休憩です。」

  0101_2

   富士山は雪かなり増えてます。1週間前に丹沢から見た時は7~8合目から上だったけど、今は5合目付近はすでに雪です。

  0121

 八ヶ岳

  0141

   南アはかなり白くなっていますが、八ヶ岳はまだ雪がありません。

 

   30分ほど山頂にいて下山

  、

  登って来たときに地図には登山道の記載のない浜立山への小さな標識と細い踏み跡があったので、登りと同じ場所を下ってもおもしろくないし、下まで登山道があると思い浜立山経由で下山することにしました。

 

  浜立山から少し下ると踏み跡はなくなり、たまに赤テープがあるだけになってしまいました。急な尾根筋を下って行き、最後は植林された檜林になって寂ショウ尾根の登山口より10分ほど上の林道に出ました。
 
  
(「浜立山」への標識は「こっちは浜立山への踏み跡で寂ショウ尾根ではありません、行かないように!」、と言う標識だったみたいです。(笑)  落葉したこの時期なので対岸の山が見え下って行く方向がわかり、樹林帯の中も見通せたので躊躇なく下って行ったけど、まだ葉っぱがあって視界が悪い時期だったら、「ダメだこりゃ!」と戻っていたかもしれません。)

 

 10:05に車に戻り大月IC前の総合福祉センターの風呂に入って帰りました。

 

2014年11月19日 (水)

丹沢周回

  前日の「奥多摩三山」に続いてこの時期恒例コースの「丹沢周回」に行って来ました。

   Pb1800061


   昨日の奥多摩三山に続いて今日は丹沢周回へ、ただ昨日ガッツリ歩いているので足に疲れが残っているようなら檜洞丸を登った後周回を止めて蛭ヶ岳か大室山へ変更するつもりです。

 

 神ノ川ヒュッテ(6:30)~檜洞丸~ユーシンロッジ~塔ノ岳~蛭ヶ岳~檜洞丸~神ノ川ヒュッテ(16:30)

  

    神ノ川ヒュッテ下の駐車場を6時半に出発、まずはブナ林のヤタ尾根を登ります。

  Pb1800011

   傾斜の緩い場所は登山道がわからなくなるぐらい葉っぱが降り積もっていました。

  

    稜線の「熊笹の峰」

  Pb1800031

    冬場れの快晴!、富士山や南アがきれいに見えています。ただ風があって寒い!

 Pb1800041

   檜洞丸直下から

  Pb1800061_2

  Pb1800081

 

   檜洞丸に8時半に到着、足の調子も良いので周回することに、まずは同角山稜を下ってユーシンロッジに向かいます。

  Pb1800101

   ユーシンロッジ付近の紅葉が良いかな?、と思っていたのですが終わってました。

  

  塔ノ岳山頂はちょうど昼前、山頂は座る場所もないぐらい混雑しているのはわかっていたので山頂直下の水場でゆっくり昼飯休憩、

  稜線に出ると富士山や南アは雲がかかって見えなくなっていました。塔ノ岳・丹沢山はスルーして蛭ヶ岳へ

 

   蛭ヶ岳山頂

  Pb1800131

   山頂で同じベンチの人と話しをしながら休憩して出発、蛭ヶ岳を下りきった場所で同角山稜ですれ違った単独の女性の人と再びすれ違い、少し話をして今日最後のピーク檜洞丸へ

 

   今日2度目の檜洞丸山頂

  Pb1800141

   3時半に到着、少し休憩後ヤタ尾根を下って神ノ川ヒュッテの駐車場に4時半に到着、「藤野やまなみ温泉」(5時過ぎだったので400円)に入って帰りました。

 

 

 2日続いてのガッツリ歩き、歩き出す前は昨日の疲れが残っていて周回はダメかな?と思っていたけど、意外に調子良く行っちゃいました。

  朝の檜洞丸では雲一つない快晴の冬場れで富士山や南アがきれいに見えていたけど、塔ノ岳で再び稜線に上がった時には雲で富士山も南アも見えなくなっていました。また丹沢上空も雲が張ってしまい立ち止まると寒く、蛭ヶ岳を過ぎたころには薄暗い感じでした。

 

  週末は3連休、2度続けてガッツリ歩いたので今週末はテントか避難小屋泊でのんびり歩いて温泉に入って来ようと思っているけど雲が多くいまいち・・・。

 

 

 

 

2014年11月17日 (月)

奥多摩三山

  毎年晩秋から雪が降るまでの時期恒例のコースの1つ「奥多摩三山」へ行って来ました。

   

  払沢ノ滝(6:15)~つづら岩~大岳山~御前山~三頭山~浅間尾根~払沢ノ滝(15:55)

 

   払沢ノ滝の駐車場を6:15出発、気温は5℃でした。

  天狗滝

  Pb1300011


    大岳山

  Pb1300031_3

   Pb1300071

    稜線は完全に落葉していて落ち葉をシャカシャカ踏みしめながら進みます。

  

   大ダワの手前で今日初めて人に会い、御前山を過ぎ月夜見駐車場に下っているころからポツポツすれ違いはじめました。

 

   三頭山

  Pb1300131

   山頂はちょうど昼だったこともあって20人以上休憩していて大賑わい、ここでお湯を沸かしてカップ麺休憩、のんびり1時間近く休憩しました。

 

   休憩後は下るだけ、都民の森でコーラを飲んだ後浅間尾根を一気に下って払沢ノ滝に戻り、「ちとせ屋」で豆腐を買い豆乳を飲んで、「瀬音の湯」(800円)でお風呂に入って帰りました。

 

   紅葉は浅間尾根の下部に期待していたけど、そこもほぼ終わっていました。ただ都民の森近くの道路沿いのカエデが数本きれいでした。

  Pb1300151

  Pb1300161

 

    晩秋から雪が降るまでの恒例のコースは3つ、次は丹沢に行く予定です。

 

 

2014年10月31日 (金)

奥多摩・稲村岩尾根~雲取山~野陣尾根

  日原から稲村岩尾根を登り~雲取山~野陣尾根へと行って来ました。

   0301


   紅葉を期待して今年5月に新緑とツツジ目当てで行った「稲村岩尾根~雲取山~野陣尾根」に行って来ました。

  雲取山には毎年何度か登り数十回登っているけど、ほとんどが紅葉も終わった晩秋から冬、後はツツジの時期だけ、紅葉の時期に登るのは始めてです。

 

  東日原(6:15)~稲村岩尾根~鷹ノ巣山(8:30~8:50)~七ツ石山~雲取山(11:05~12:00)~野陣尾根~林道(13:20~13:35)~東日原(14:55)

  

    6時に東日原の駐車場に入り6:15にスタート

  0011

    上の方はけっこう色付いていますね~。 note

  

   稲村岩尾根は出だしから急登、樹林帯の中を黙々と登り、1,000mを越えたあたりから色付き始め1,100mあたりから上が

  0021

  0041

   周りすべてが紅葉って感じじゃないけど、黄色とオレンジがきれい!

  0061

  0081

   ただ1,400mを越えると一気に落葉してしまい晩秋の様相に、

 

 そして8:30に鷹ノ巣山山頂に到着

  0121

  山頂は雲一つない快晴の青空!、空気も澄んでいて富士山を始め丹沢・南アそして横浜ランドマークタワーも見えています。

  0151

   眼下の浅間尾根の紅葉がきれいです。

 

 丹沢

  0111

   南ア・甲斐駒、仙丈、北岳

  0171

    南アはまだ全く雪が見えない、週末に天気が崩れるから雪が降っちゃうだろうけど、もし降らなければ来週行こうかな?

 

    少し休憩してから石尾根を雲取山へ向かいます。

  0181

   広葉樹の紅葉はすっかり終わってますが、カラマツの黄色がきれい!

  0211

   鴨沢からの「登り尾根」の上部はカラマツの紅葉で黄色です。

 

 七ツ石山から雲取山

  0241

  七ツ石山から雲取山山頂までの石尾根は両側ともカラマツ林で黄色

 飛龍山

  0261

  手前のヨモギ尾根の紅葉がきれいです。

  南ア全景

  0271

  0311_2

  0331

  0351

  0371

 

   雲取山頂に11:05に到着

  0381

  山頂はほぼ無風の快晴!、風がないので寒くありません。

  富士山を始め丹沢・南ア・奥秩父方面・浅間山・両神山などきれいに見えてます。

  0391

   飛龍山と南ア

  0411

  飛龍山中腹の紅葉がきれいです。

  0441

 避難小屋前のベンチでカップ麺とコーヒーでのんびり昼飯休憩を1時間ほど取ってから下山

 

  小雲取山から野陣尾根へ、出だしはカラマツ林の中です。

  0481

  0491

 

    そして1,400m付近から色付き始め

  0571

  0611

  0621

 

    稲村岩尾根と同じように1,100m付近で紅葉は終了、後は樹林帯を下って林道に出てダラダラ林道を歩いて東日原に15時に到着、「もえぎの湯」(780円)に入って帰りました。

 

 

  初めて紅葉の時期の奥多摩へ、天気は雲一つない快晴で風もほぼ無風の絶好の山歩き日和でした。

 

  紅葉は広葉樹林が稲村岩尾根・野陣尾根の1,100~1,400m付近、カラマツ林が鷹ノ巣山から雲取山まで石尾根全域が紅葉してました。

 

  奥多摩はあちこちに植林されたヒノキや杉林が点在しているし、シラカバ林もあるし、広葉樹林の中にも針葉樹がけっこう生えているので、東北や新潟の山のように山全体が紅葉するって感じじゃありません。

 ただ紅葉した木々の中いると赤・黄・オレンジ・緑が入り混じりなかなかきれいです。石尾根や雲取山頂から見た感じでは、広葉樹の紅葉は鷹ノ巣山南側の浅間尾根と奥多摩小屋南側のヨモギ尾根、飛龍山の中腹そして長沢背稜の稜線がきれいでした。

 

  今週末の連休は残念ながら天気はダメ、奥多摩や南関東の紅葉も来週は1,000m以下や麓までおり下りちゃいそう。

  来週は広葉樹よりやや遅いカラマツの紅葉狙いかな?、カラマツは落葉しても落葉したばかりだと黄色い絨毯のようになっていてきれいです。

 

 



 

より以前の記事一覧